シンプルな佇まいが洋間にも自然と溶け込むので、家具との相性も抜群です。デザインが本当に素晴らしいです。
— 新宿区在住 デザイナー(女性/32歳)

PRODUCTS

DESIGNERS に置かれている、偲の製品を紹介します

 

偲壇|墨

伝統的でありながらも、革新的。シンプルで、クラシカルな佇まいを持ちながら、従来品にはない工夫が随所に凝らされています。偲壇・偲庵の装いは、箱であることに重点を置いたシンプルなもの。元来の仏具は、重厚な彫刻を施し金箔で覆い、立派に見えることが良しとされてきました。しかし、現代の暮らしには、豪華で絢爛な仏具は、もう合っていないのかもしれません。長い間、当たり前だった畳の暮らしが時と共にフローリングへと変化したように、仏具の当たり前も、見直す時期に来ているのだと私達は考えました。偲壇は、そんな想いから生まれた、現代のスタンダード供養具です。暮らしを見つめ直し、今を考察し、サイズや機能にもこだわりました。家のどこでも置ける、ちょうど良い大きさ。こだわりの引出しは桐製。手掛け部分は、使いやすさと美しさに繊細に配慮され、中にはお線香やキャンドルなど、日常のお道具一式を収納いただけます。付属のステージは偲ならではのものです。ステージの有無により、従来のご供養形式、形式にとらわれない使い方が両立できます。

偲壇の素材と色

偲壇 "竹" は、古来より日本で神聖な植物として扱われてきた竹を使用しています。すべて国内で製造を行い、職人の手で丁寧につくられることにこだわりました。装いがシンプルであるため、和の空間にも、洋の空間にも良く似合います。リビングでも、キッチンでも、寝室でも、場を選ばずに設置いただけます。偲壇 "墨" には、黒く染色したタモ材を使用しています。壇の内面は艶仕上げ、外面はマット仕上げ。その質感の違いが、壇の内部に自然な明るさをもたらし、位牌や形見を優しく照らしてくれます。木目を僅かに残した塗り仕上げは、家具で使われるもの。日常に当たり前に馴染み、自然な存在感を創出します。

■ サイズ:461 x 247 x 390 mm  ■ 付属品:すだれ、専用すだれ立て ■  国内生産 

¥245,000(税抜)


偲具|古代色

偲具は、供養具です。偲壇・偲庵とは対照的に、デザインは全て曲線で構成されています。供養具らしい重厚さと、エレガントさを同時に兼ね備えています。見た目の美しさだけでなく、機能も一流です。伝統的な形式を正しく踏まえながら、新しいアイディアを取り入れました。快適で、安心・安全な供養具です。カラーは”薄鍋長”と”古代色”の2色をご用意しました。どちらも、高い品質を誇る株式会社能作に(富山県)製作を依頼しています。まるで昔から、そこにあったかのような落ち着いた印象の供養具です。オリジナルカラーで仕上げていますので偲壇・偲庵とのカラーハーモニーも、抜群の一式となっています。

■ りん・りん棒:φ64 x H45mm / φ12 x L65mm ¥17,000(税抜)■ 製造:能作(富山県)